Pages縦書き対応になって良かった。

 過去に、PagesやKeynoteが縦書き文字に対応していなかった事をAppleのエデュケーションの方にリクエストした事がありましたが、少し前から縦書きに対応していた模様。Appleはやはり素晴らしい。学級通信のサンプルを作成してみたら、とてもいい感じに日本らしくなった。iPad大量導入で学級通信はSchool Workで配布する時代に。

iPad活用教育の支援へ

 GIGAスクール構想の予算執行が進み、多くの自治体で「タブレット〇〇台を全学校に導入」といった状況が広がってきました。コロナ対策の渦中に新しいデバイスを導入。本当に現場の先生方は大変な状況になってしまっていると思います。また、たとえ高性能なタブレットを導入しても、5年もすれば新しいOSに更新できないサポート切れ寿命を迎える事になります。最近、教育現場の実情をよく知っている方との懇談があり、iEdTechとしても今後教育現場の先生方とニューノーマルなスタイルを実現しつつ、iPadを活用した教育支援を関係企業の皆様と一緒に支援できればと考えております。

 iPadを活用した教育支援について、iEdTechは次のように考えます。

(1)教育のエッセンスを見出す
 どんな学力をつけるために行う教育なのか。「ベース知識の獲得」、「ツールリテラシー」、「仮説・類推といった予測思考」、「検証、比較、評価」、「論証、コミュニケーション、プレゼンテーション」、「クリエイティビティの向上」などなど、教育が担う学力の視点は、社会でより良く生きていく為の全方位の能力の向上・醸成・深化・定着です。いつでも調べられて、いつでも表現できるツールを全員が所有している時、まさに全方位の学力が拡張されます。あれも、これもと言っている間に時間ばかりが過ぎないように、有限な時間の中での教育(指導)の目標をいかにシンプルに定義しておくのか。教育のエッセンスを見出しておくのかが全ての鍵だと思います。
 たとえば、「円周率はだいたい3くらい」という話題が過去にありましたが(直接タブブレットとは関係ない議論ではありますが、例えばの話です。)・・・タブレットがあれば短時間で円周と直径の長さの比を視覚的に分かりやすい解説でする事ができます。さらに、どのように円周率が計算できるのか、実際に測ってみる事も授業に取り入れる事ができます。さらにはプログラミングして計算してみることも可能ですが、教科、科目、単元それぞれが目標とするエッセンスはなんでしょう。「円周の長さは直径のおおよそ3倍くらいになる」というのは、生活の知恵的な知識獲得、あるいは計算結果の妥当性をおおよそで判断するためのものと言って良いでしょう。一方、円周率がπ(パイ)で表される無限小数になる不思議を考えてみるというのはどうでしょう、いつまでも収束しない課題は実数を計算する永遠の旅路で、ヒストリカルに多くの識者が挑戦してきたとても興味深い真実の積み重ねで、コミニュケーション力やプレゼンテーションの題材としてもってこいかもしれません。何を教え、何を考えさせ、何を表現させたいのか、そのエッセンスの重要性がタブレットの導入で再び問われる事になると考えます。iEdTechはそれこそが学校にタブレットが導入されて出現する本当の効果だと思っています。先生方とはそのような議論をする事を大切に思います。

(2)新しいテクノロジーを避けない事
 紙の教科書と電子教科書、教育効果やネット環境の公平性などの議論があって、とっくに答えが出ても良い問題がまだ未解決ですが、最近では置き勉OKの学校が増え始めていて、とても良い傾向になってきたと思います。紙の教科書を持ち歩いて色々書き込みをしたい人は紙の教科書を使えば良いし、電子教科書で動画が楽しくて分かりやすい人は紙の教科書を使わなくても良い選択の自由が生まれているのですから。テストや宿題もタブレットを積極的に使っていく事、授業で使うワークシートや連絡用の書類もなるべく電子化する事で選択肢になります。紙だけのままではいつまでも選択肢が生まれません。長年学校が新しいテクノロジーを受け入れられなかった事で学習者の選択肢を少なくしている事を一緒に考えていきたいと思います。テストの回答にネット記事のコピペができたら最高だなと思っています。(それでも正解・不正解が出現しますよね)
 AIを活用した画像解析や、行動分析、音声認識など、新しいテクノロジーを野心的に教育手段にしていく事。手数が増えれば選択肢も増え、学習者の多角的な能力の発掘・向上に寄与する事は疑いようもありません。そのためには、デジタルとアナログを区別して議論するのではなく、新しいテクノロジー(機能)をどのように生かすのかから議論に入るべきなのだと思っています。

(3)クリエイティブになる
 「問題集の〇〇ページから〇〇ページまでを宿題にします」という宿題が「問題回答動画のアップロードを宿題にします」という時代はとっくに来ています。「では今日は美術鑑賞を分かりやすくする為にiPadで何ができるか考えてみましょう」、「最近、近所のゴミ出しルールが守られていませんが、iPadで何ができるか考えてみましょう」、「朝起きるのが苦手なAさんに朝起きるのが得意になるためにiPadで何ができるか考えてみましょう」などなど、ワクワクするような課題解決学習がより具体的に、より身近に実現可能になっていきます。先生方も次回の教材はアプリを使うのか、電子書籍を自作するのか、iTunesで配信するのか、YouTubeで作るのか・・・それらが全て学習者に渡せるようになり、繰り返し使える学びの動機に、さらに改善できる生きた教材になっていきます。各種編集アプリや少々難しい操作も必要かもしれません。でも多くの先生方はそれを乗り越えて児童・生徒たちの為に優れた教材を開発するでしょうし、学習者も自分で創り出すという喜びをiPadで得られると思います。基礎・基本のトレーニングは重要ですが、その先にあるクリエイティビティの向上こそ教育が目指すべきものだと考えます。

 さあ、始めましょう!
 使い方、メンテナンス、プライバシー保護、セキュリティ、モラルの醸成、効果的な活用法、課題は山積みですが、教材開発も、プログラミング教育も、課題解決型学習も、iPadの導入によって、今までより効果的でもっと興味深くなる新しい教育の時代が到来しました。

日本の公立学校ではコロナウィルス対策として遠隔教育が実現できない現状がずっと先まで続く。

 新型コロナウィルス対策のため休校している学校が、ビデオカンファレンスや動画配信サービスなどを活用して自宅に居る児童・生徒たちへの遠隔教育(テレ・スタディ?)が出来ていない状況について、考えてみます。(あくまで個人的な見解で、間違いもあると思います)

1 タブレット端末などが児童・生徒に行き渡っていない。
 児童・生徒に貸与できるタブレット端末が十分整備されていない学校が殆どであり、ニュースでは授業を宿題プリントに置き換えて、超高速で課題作成に追われている先生方の姿も報道されていました。これでは、数十年前と同じで、世の中にネットが無いのと等価ですね。

(参考)GIGAスクール構想は何と!遠隔教育は全く考慮していない驚きの構想で、あくまで学校で使う事が前提のようです。しかし、こうなってしまっては遠隔教育を無視する事は出来ないので、今後は構想の修正か、次の構想にステップアップされると予想されます。
 各自治体の教育委員会の実際の動きは大変です。前後する部分もありますが概ね次のようになっています。
 文科省などの説明会に参加、実施済み自治体へのヒアリングやメーカー、整備事業者などからの情報収集を進めつつ、首長部局(政策部門や財政部門等)との連絡調整。→文科(国)への認定申請(殆どの自治体は県で取りまとめ後)→国からの事業認定→交付申請→作成した予算案の策定及び議会承認と同時に国への交付申請→国からの交付決定→調達仕様書作成→業者選定→事業開始(着工)→完了(検査)報告の国への提出
 しかも本年度の補正予算で・・・そんな最中にコロナウィルス対策のための緊急要請が発生しています。忙しすぎる教育委員会の皆様のご心労が危惧されます。どうか免疫力を高めてウィルスに負けないでください。

 このように環境の整備がとても遅れてしまっているという事が遠隔教育が出来ない最大の原因です。

2 タブレット端末などがあっても通信出来ない
 タブレット端末が全員に行き渡っていたとしても、自宅にWi-Fi環境が無かったり、4G回線の契約通信容量の制限があると、授業のビデオ配信などには当然対応出来なくなります。殆どの家庭にWi-Fi環境があったとしても、常に一律のサービス提供をしなければならない立場の公教育では、学習環境の格差をつくるような行動は取れません。全員に等しく遠隔教育でデータを受発信できる環境がなければならず、これでは永久に遠隔教育の実現は難しいかも知れません。個人的に日本のWi-Fiサービスは安く無いと思います。政府が休校にする変わりに、512kbpsでも良いので無制限SIMカード付きの格安端末を全児童・生徒に配布すれば良いのですが、緊急対応策としては無理ですね。

 結論的に課題プリントを作って配布するというのが最も良い方法になりますし、私もそうした方が良いと思います。

3 先生方がすぐに対応出来ない
 ネットを通じた遠隔地向けの課題配布やテストの実施、授業の配信、カンファレンスの開催など、用途や目的に応じてツールを使い効果的な活用を経験している先生はとても少数です。それは当然で、普段そんな必要が無いからです。
 iTunes Uで授業計画や資料、コンテンツの共有を、Google Classroomでテストを、Apple classroomアプリで生徒との画面共有や先生の画面定時を、Zoom(今、コロナウィルス対策で学校は無料アカウントの時間制限が解除されています)でビデオカンファレンスを行う、YouTubeを使って授業のビデオ配信をする。などなど・・・無料でできる事がこれほどあるのに、しかもiPhoneでもできるのに・・・ビデオをどうやって撮影するのか、課題をどうやってネット配信するのか、やった事が無い先生が殆どです。

 以上の理由から、全ての学校が効果的な遠隔教育を実施するためには最低でも10年以上はかかると思います(いや、ずっと無理かも)。テクノロジーの視点からすれば、10年先は遠い未来、10年前はかなり昔という事になります。世間から切り離された学校は、まさにタイムカプセル状態です。一方で、今回のコロナウィルスでの休校状況を打破すべく、遠隔教育を実現されている学校も見受けらます。教育現場のネット対応は益々格差が生まれているわけですが、それがそのまま児童・生徒の学力格差に直結してこないのは、学習塾が遠隔でサービスを提供しているからなのかも知れません。

 毎年、インフルエンザでも良く学級閉鎖が発生します。やはり、しっかりと授業は受けてもらいたいものです。遠隔授業を実現するためにも、今後の対応策として思いつくものをいくつかご提案します。

(1)中低速無制限SIM搭載タブレットを児童・生徒、教職員全員に貸与
 4Gの512kbps程度の学割使用料を政府補助もしくはキャリア協力により準備出来れば、各自治体がランニングコストに対応出来るようにする。また、MDM環境の導入でクラスルームへの参加や、アプリの配信サポートも。512kbpsあればビデオカンファレンス も動画もOKです。(ついでにレイティングフィルタも入れておくと良いですね)
(2)YouTubeチャンネル等で授業の配信練習
 非公開でいいので、YouTubeで先生方の授業が聴ける準備を。児童・生徒の反応が無いとだめな授業ではチャット連動すれば良いですね。
(3)校内のネット環境で考査を実施
 学校内で、Google classroomなどを活用して定期考査を作成・実施してみる。カンニングの監視は不要ですね。いつかはちゃんと受験する事になりますから。
(4)公共施設の利用可能性を探っておく
 遠隔授業に参加出来る場所的な環境が無い児童・生徒が、近隣の公民館などに行って授業に参加出来るかなどを検討・確認しておく。各地域の方との協力体制を作っておく。
(5)ネットで出来る学習とそうでない学習を分類しておく
 特に体育や音楽の授業は、集団で動いたり、音を出しても良い場所が必要など、ネットで可能な範囲は限定的になってしまいますので、その範囲を明確にしておいて、実施するタイミングを調整しやすいようにしておく事が必要だと思います。Zoomでダンスのレッスンしたりする学校があったら凄いですね。YouTube動画を見ながら自主トレしているのも主体性があって良いと思います。

GIGAに思う事

2020.2.26 最近、全国各所にて政府が進めているGIGA(Global and Innovation Gateway for ALL)スクール構想の説明会が頻繁に開かれ、Windows、ChromeOS、iPadOSの3種類のデバイス調達の動きが活発化しています。国の補助事業は教室のWi-Fi環境の拡充も含めて、かなり大胆な補助施策が展開される事になり、とてもワクワクする展開となっております。

 児童・生徒1人1台のデバイス整備を達成している学校が10年ほど前から既に登場しているのに、未だに多くの自治体が学校教育のICT化に立ち遅れている状況となっているのが事実です。これを期に、児童・生徒たちのために少しでも多くの自治体がICT教育に本腰を入れて新しい時代に立ち向かっていただけることを期待しております。目指せ!全員情報端末です。

 私自身の過去の経験から、ハードウェア整備に関して言えば、授業で一番使いやすいのは今のところiPad一択で、それ以外を推す人は???です。また、台数規模を考えれば学校の先生方に負担をかけない為にも、MDMの導入が不可欠である事は言うまでもありません。また、製品の補償プログラムやサポートプログラムもありますので、そちらも是非お薦めします。

デバイスは必ず壊れます。必ず修理が必要になります。使えない場面も発生します。

 次に、ソフトウェア面で、こちらがデバイス選択よりも重要です。先生方はどのように授業に活用したら良いのか、最も適しているのかを必死に考えます。そんな悩みを共有し、先生方が一緒に授業を改善できる仕組みをハードウェアの整備と両輪で各自治体で用意する必要があります。優れた教材アプリで解決できる事はごく限られた指導場面です。例えば、先生方たちが集まってワークショップを開く会場借用と旅費、それをサポートする講師への謝金、時間を確保する為の非常勤講師の増員などの予算化が重要です。それによって生み出される教育効果は絶大だと断言します。今までの教育研究の枠組みに付加しても大丈夫だと思いますが、ここはICTに向けた対応で予算化する事をお薦めします。

 さて、政府が実施している「GIGAスクール構想」は予算が取れた現時点で大成功です。これで日本も他の先進国レベルの教育環境に追いつけるような気がします。実績は児童・生徒の数と、学習用コンピュータ数の比で示されます。一方で教育現場において、「GIGAスクール構想」は受け入れ難いネーミングになっています。多様な価値観をもつ児童・生徒が集まって知識や経験を共有しながら互いに成長する安全で安心できる場所としての「学校」が、はたしてイノベーションへのゲートウェイである必要があるのか?と言う疑問を先生方が思ってしまうからです。将来、各分野でイノベーションを起こす児童・生徒は、教室のネット環境の有無にかかわらず存在していて、今も優れた才能を磨いてくれています。イノベーションと聞くと常に新しさを求めていなければならない世界観がイメージされ、どうもマッチしません。

 また、学校のイノベーションとは何なのでしょうか?「伝統を重んじて・・・」、「去年こうだったから・・・」、「今年はもう予定あるので来年からに・・・」というような言葉を現場で何度も聞かされてきた私には、少なくとも公立学校が教育のイノベーションを起こすイメージが全く湧きません。先生方は公職であり、先生方にとって失敗する可能性をできる限り排除する事が重要である為、失敗の可能性がある新しい事にはとても慎重にならざるを得ません。

 GIGAに込められた、全ての児童・生徒にとってグローバルとイノベーションのゲートウェイの役割を持つ学校の構想は、今の学校にとって高すぎるハードルに思えます。この事業を実施される自治体、学校は、これから数多くの難題を乗り越える為に本当に頑張られると思います。微力ながら是非お手伝いさせていただければと思います。

 政府では、このような難しい造語を作らないと教室のWi-Fi環境とデバイス整備の予算化が難しいのでしょうか?少しだけ嘆かわしい気がしてしまいます。

電子黒板は一体なんなのか?

 黒板を電子化したのが電子黒板という事ですが、本当でしょうか?黒板の機能を無理して電子化するとすごく高価な物になってしまいます。教室にある黒板の幅で8Kディスプレイを並べると1部屋数百万円かかってしまいます。低価格化してきたプロジェクターを使ったとしても、黒板の機能を実現させるためには50万円ほどは必要になるのでは無いでしょうか。

 現在発売されている電子黒板は数十万円程度で40〜50インチ程度のディスプレイにタッチペン機能が付いている物が多いのですが、後ろの席の児童・生徒から見えているんでしょうか?将来は大丈夫かもしれませんが、そんな小さな黒板を狭い教室に入れるととても邪魔になってしまいます。業界が潤うのは大歓迎ですが、これでは並んだ席の順番で不平等になってしまいます。

 5年ほど前に私は普通教室の天井にプロジェクターとAppleTVをセットで吊す事を思い立ちました。ホームセンターで買ってきた合板の板に穴を開け、天井板を吊るしている軽量鉄骨にぶら下げる方法です。昼間でも後ろから見える明るさで100インチ程度の大きさで映写できるプロジェクターは既に5万円を下回っていて、年次予算で導入する事が可能になったからです。幸い、その普通教室の黒板はホワイトボードになっていて、天井に吊り下げたプロジェクターからホワイトボードに直接写す事ができました。

 効果抜群です!!iPadを使っていた生徒たちは自分の画面をいつでもプロジェクターを使って写すことができ、自分がまとめた意見や、自分の作った作品は自分の席に居ながらにしてできます。もちろん前に立って発表することもできます。

 このような授業を始めて生徒も教師も慣れてきた頃に地域の先生方に開放授業をしてみたところ、大勢の先生方と教育委員会の事務局の先生方がご見学になり、とても熱心にご覧になって見えました。ICTに詳しい先生は、生徒や教員が自由に画面を表示しながらそれを使って説明したり発表する様子がどんな仕組みで実現しているのかを調べているようでしたが、iPadとAppleTVの標準機能しか使わず、電子黒板の機能は全く必要ありませんでした。

 資料や宿題はiPadで配布し、生徒たちは授業で課題解決に取り組んだり、課題解決を探りながら発表資料を作ったり、グループでディスカッションします。それまで個別にノートで行っていた考えをまとめる作業や模造紙と太いペンを使って発表資料を作るような事がいつでも出来る様になっていました。

 ある教育委員会の先生が「これ、この前入れたある小学校の電子黒板よりずっといい仕組みだけど幾らかかったの?」と聞かれ、「7万円です」と答えたら、絶苦しておられました。その小学校では当時100万円ほどの価格の60インチの電子黒板を各教室に入れたそうです。その100万円があれば、エアコンを入れたり、黒板をホワイトボードに張り替えて教室の壁紙を新品に張り替える事も出来たのです。

 いまだに学校に児童・生徒一人1タブレットを導入出来ていない学校は日本にどのくらいあるのか?本年度の補正予算では政府が大胆な予算化に踏み切ったようですが、ここでも電子黒板という言葉が地方自治体で浮き沈みしているように伺います。

 今の電子黒板は「ダメ・絶対」と私は言います。なぜなら、黒板をホワイトボードに変更して、安く買い替え出来るようになったプロジェクターを天井から吊るして、AppleTVを置いた方がずっと大画面になって、生徒たちが共有出来る「黒板の機能拡張」ができるからです。

 今使っているノートを置き換えるためのタブレットではなく、今使っているノートや教科書、学習プリントを拡張するのがタブレットです。今使っている黒板を電子黒板に置き換えるのではなくて、今ある黒板を拡張するのがプロジェクタとAppleTVなのです。

 本当の意味でそれがわかるのは、教師も生徒も使えるようになってからというのがとても悲しい真実ですが、先生方には是非!普通教室をホワイトボードにしてプロジェクターを吊り下げて、AppleTVで生徒たちのiPadと黒板をシェアしてみてください。今まで出来なかった拡張された授業が待っています。

 では、電子黒板とは一体何なのでしょうか?いまだに導入している学校があると聞いていますが、30年ほど前に社会科や暮らしの授業で廊下から先生がブラウン管テレビとワゴンを引きずってきて、たまにうまく動いてくれないVHSビデオを一生懸命巻き戻したり早送りをしていた物が少し大きめの液晶テレビに置き換わっているくらいに考えた方が良いと思います。

 小学生のとき、先生がとてもきれいな字で、限られた面積の黒板をうまく区切りながら板書してくれるのを見て、ノートをきれいに整理できないか試行錯誤していた事がありました。横長の黒板から見開きB5のノートへの情報の整理、そんな素敵な試行錯誤が黒板から出発していた事を思いつつ、今の黒板のフルサイズに100インチ8K以上の解像度でタッチパネルディスプレイにならなければ本当の電子黒板とは呼べない事を断言します。

 そんな製品が全ての教室に整備されるにはまだまだ数十年先になるのではないでしょうか。それまでは、電子黒板と称するタッチパネルディスプレイは、大型タッチパネルディスプレイと呼ばれる方がずっと正しいと思いませんか?